成仏

先日、無事に引渡しを終えた某京町家改修現場。

主な工事内容は朽ち掛けた離れの改修。場当たり的な【リフォーム】が繰り返され、元の姿を完全に失った内外装。それらの新建材(プリントベニヤとか)には成仏して頂き、建てられた当時の姿を再生。また、各所の仕様は母屋より豪華にならない様に控えめに。

今回も無事故にて竣工を迎えられたことに感謝。

e0360483_19405234.jpg

[PR]
# by onoblog | 2016-12-23 19:41

引越

ブログを引っ越しました。
新しい環境で新しいブログ。
身を引き締めて書く。
年末まであと少しだ。
e0360483_13272593.jpg

[PR]
# by onoblog | 2016-11-16 13:27

青竹

市内某町家現場。

裏庭壁面に建仁寺垣を新設中。
高さ2m、全長約16mの青竹を用いた建仁寺垣。
この青竹の瑞々しさは、本物の竹でしか味わえない。また、色が褪せるまでの数週間限定の景色。

凛とした青竹を眺めていると、心新たに気が引き締まる思いがする。


e0360483_09092108.jpg


[PR]
# by onoblog | 2016-11-02 18:55

桟葺


大屋根を改修中の市内某古民家。


土葺きから桟葺きへと仕様を変更。 既存瓦を出来る限り再利用し、屋根を軽量化。既存葺き土の重量から計算すると、1㎡あたり約20kg程度の軽量化が望める。



既存の姿をそのままに、今回の施工面積180㎡×20kg=3,600Kg(3.6t)の軽量化に成功。


e0360483_09092171.jpg




[PR]
# by onoblog | 2016-09-24 20:16

松脂

現場調査にお伺いした京町家。

奥様曰く、大正14年(1914年)以前に建てられた京町家。外部及び玄関の化粧材と土壁を再生し、当時の姿へとお色直しする予定。

100年以上の年月が経過した京町家。玄関上部の人見梁(地松)からは、今もなお松脂が滴り落ちる。


e0360483_09092061.jpg



[PR]
# by onoblog | 2016-09-17 15:58