駒寄

市内某所。

竣工から5年あまりが経過した京町家に駒寄を新調。凝った意匠は避けて、簡素に納める。

今はまだ竣工したての眩しい駒寄席。時代が付ついて、始めから付いていたように感じられる時がくればようやく完成。

e0360483_08445278.jpg


[PR]
# by onoblog | 2018-08-28 08:46

鍾馗

市内某所。

先日竣工した新築古民家。
下屋に鍾馗さんを据えつけて工事完了。今後の見守りは頼みなしたぞ鍾馗さん。

e0360483_14124188.jpg


[PR]
# by onoblog | 2018-08-18 14:12

劣化

市内某所の京町家。
改修予定の瓦屋根。建てられた当時の瓦(約80年前)から、数ヶ月まえに差し替えた瓦が整然と並ぶ光景。瓦の経年劣化が一目で確認できる。
e0360483_20472767.jpg

[PR]
# by onoblog | 2018-05-13 20:44

古建具倉庫

弊社古建具倉庫。
 
現在新築中の物件に納める古建具を物色中。 囲炉裏のある板間に設置する舞良戸を探す。必要な建具寸法は京間1.5間の4枚引き×3組。候補を見つけて、施主様の承認が得られれば現場へ搬入。 新しい建具より建て合わせの手間が掛かる古建具。しかし時代が付いた建具には手間を掛けるだけの貫禄が備わっている。

e0360483_08165966.jpg

[PR]
# by onoblog | 2018-02-09 08:18

塀を解体

市内某所。

裏庭に面する塀を解体中。
70年以上前に新設された長さ約15mの塀。長年の風雨に晒され自立困難な状態に。
小手先の改修では修復不可能と判断し、全て解体後に基礎から新設する事に。
出来る限り建てられた当時の意匠を踏襲しながら、構造は以前よりも強固になるように工夫する。
竣工後に、塀を新設した事に気づかない程度の仕事ができれば上出来。
e0360483_19252552.jpg

[PR]
# by onoblog | 2018-02-02 19:26